語り継ぐVERITA―校正者の独り言―

ブログを再開します!
0

    ブログを再開します

     

    「語り継ぐVERITA」と題して2011年2月にブログを開設してから5年半、イチバン最後の記事が2015年5月だから1年半まえ……長いご無沙汰をしてしまいました。

    この間、ブログではなくツイッターのほうは活発に更新し、コツコツとフォロワーを増やしてきました(担当者のAさんに感謝!)。しかしブログは全く更新できず、本体のホームページに至っては、「会社概要」を見ると「社員数 常勤7名」などという2011年現在の侘しい数字のママ!

    いくら忙しいとか人手が足りないとか言っても、これでいいのか! 一人前の会社と言えるのか!

    ということで、いま躍起となってホームページの改訂に励んでいます。

    ブログも断固たる決意をもって再開いたします。月に3回、できたら毎週更新したいと思っています。

     

    時あたかも『校閲ガール』などと校正・校閲の仕事がテレビドラマになったりして、「地味にスゴイ」私たちの仕事に注目が集まっているようです。

    ヴェリタの社員には若い女性も多いので、見てくれだけだったらなかなか捨てたものじゃない「校閲ガール」が何人もいるのですが、ドラマの騒ぎっぷりはいただけません。主人公が騒ぐのは当然としても、彼女が何か言うと、同僚がすぐ席を立ち、集まってきてワイワイガヤガヤ。いやはや。いくらドラマと言っても。

    あんなに楽しく賑やかな職場がステキ、なんて思って校正者を志望する人が現れたら大変だ、なんて毒づきながらも、私たちは、校正校閲という仕事に時代の光が当てられていること自体には、感謝しています。

     

    朝日新聞の記者さんが、このドラマに関連して新潮社に取材に行った記事を見つけました。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12303702/

    自分自身が「外部校正」として何年もお世話になった会社だけに、語られる言葉がストンと腑に落ちました。

     

    次回のブログは、先週、久しぶりにみんなで行ったオペラ『ラ・ボエーム』の感想です。乞うご期待!

    2016/11/20(Joe Zetz

    | co-verita | お知らせ | 03:09 | - | - | - | - |
    verita編『校正という仕事』いよいよ発行!予約受付中!!
    0
      「文字の森をゆき 言葉の海をわたる」という少々気障なサブテーマを付して、ヴェリタ編の単行本『校正という仕事』がいよいよ上梓されます。
      四六判208頁、世界文化社刊。定価1,500円(税別)、税込だと1,620円です。6月15日発行(奥付)。

      ブログの読者諸氏であればご存じのように、一昨年2013年9月から翌14年2月まで毎月一度、都合6回にわたって行われたヴェリタ連続講座がこの本の基本です。
      6人の講師が、単行本・編集・商業印刷・新聞・出版・雑誌という校正の各分野で蓄積してきたそれぞれの経験(キャリア)や知見を生かし、縦横に語り尽くした内容が生き生きと採録されています。
      ゾクゾクするような発見があり、思わず唸りたくなる金言のオンパレードです。
      面白いことに、分野ごと、テーマごとに、180度違うこと、正反対の内容が語られています。
      「統一なんて、してはいけない」「徹底的に統一しろ」
      「原稿通りにしっかり引き合わせろ」「細かい正誤を書き出す必要はない」……「えーっ、どっちなの??」
      字面で読んでいたのでは分からない、それぞれの分野での校正・校閲の奥義に読者は驚くことでしょう。

      また、講座の採録だけではありません。
      ヴェリタが校正の現場で出合った、噴き出すような誤字脱字誤転換の数々が、各頁の下に「ミニQ&A」のかたちで載っています。
      さあ、読者はどれだけ「正解」を見つけることができるでしょう?
      さらに、現場から発せられたコラム集も、今を生きる校正者の息づかいを伝えてくれます。
      言っていることがちょっと極端だって?──異論・議論百出こそ編者の望むところ。
      校正ミスを見つけても粗品は進呈しませんが、心からの敬意をお送りします。
      ただし「不統一」の指摘はご寛恕下さい!(飛山論文をよくお読みいただけば分かるはず)

      「人間がいるところ文字があり、文字があるところ校正者がいる」(「はじめに」より)

      ご予約はお近くの書店(本屋さん)かamazonへ。
      ご意見はメールやお手紙でお寄せください。
      (Joe Zetz)

       
      | co-verita | お知らせ | 02:56 | - | - | - | - |
      業務拡張につき校正者・編集者募集!
      0
        いよいよ3月、春めいた日々が続きますね。
        一日が長くなり、日差しも明るく暖かく、心がわきたってくるようです。
        ヴェリタも、春3月を迎えて仕事の発注がグンと増えてきました。
        そこで、新規にお仕事をしてくださるお仲間を募集いたします。
        詳しくはニュースに記しましたが、新人・ベテランを問わず、腕に自信のある方はぜひとも応募してください。
        また、今回は編集者・ライターさんも若干名ですが募集いたします。
        自薦の弁、職歴・作品例を具体的に添えて応募してくださいませ。

        さて、このブログに文章を書くのは、ワタクシ、2年ぶりになります。
        この間、ブログやツイッターで健筆を揮ってきたIくんが、諸般の事情で2月半ばに退社いたしました。
        ツイッターについてはそのため、暫くは休止といたします。
        ブログは「語り継ぐヴェリタ」の名にふさわしく、何人かで書き継いでいこうと思っています。
        お仲間の皆様からも、メールをお寄せいただけば、編集方針に沿うものである限り、喜んで掲載いたします。
        ふるってご感想などおよせください。

        最後に今日は、ヴェリタの「文化企画」について少々ご紹介します。
        オフィスで働く若い社員の皆さんの「文化度」(この言葉が正しいかどうか、微妙ですが)向上のために、ヴェリタでは年に1〜2度、自由参加で観劇の機会を設けています。
        これまでに好評だったのが、新国立劇場でのオペラ「アイーダ」、国立劇場での文楽「摂州合邦辻」、これも国立能楽堂での、ウー題名忘れた、等々。
        多いときは10名近くが行くわけですから、とてもS席だのA席だのというわけにはいきません。大体一番後ろのあたりだったりですが、会社を終えてからみんなで飛び出していき、スパゲッティを食べたりお弁当だったり、おなかをこしらえて演し物に集中します(思わず寝息を立てる人も?)。
        若い年代だと、オペラだの文楽だのがどのように演じられているか自体を知らないまま、仕事でその模様を校正したりしなければなりません。やっぱり一度は生を観ておかないと、ということからこの企画が始まりました。
        実は明後日金曜日、この春の企画が待っています!
        今回は「ジャズタンゴ」公演です。「それなに?」というわけで、参加者は少ない。でも行った人はぜ〜ったい、病みつきになるハズです。
        誰か、感想を書いてくれるといいですね。では今日はここまで。   (Joe Zetz)
        | co-verita | お知らせ | 12:38 | - | - | - | - |
        年末年始休業のお知らせ(12月30日〜1月4日)
        0
          気が付けば(このところの常套句)今年も残すところわずか。
          本年後半は、とにかくバタバタしていてブログの更新もままなりませんでしたが、
          この忙しさも、ひとえにみなさまのおかげと、感謝もひとしおの年の暮れです。

          今年1年ありがとうございました。

          遅くなりましたが、年末年始の営業のお知らせです。

          年末は12月29日(月)まで、新年は1月5日(月)から

          となります。

          休業といっても、新年早々の校正戻しのためにゲラを持ち帰るスタッフもいて、
          まだまだ年を越えて多忙な毎日は続きそうです。
          (そういえば、昨年末のブログ記事のごあいさつにも「多忙な一年」
          年々、業務が増えつつある当社ですが、スタッフ増員など必要な手立てを講じ、
          年が明けてもまた頑張ってまいりたいと思います。
          どうぞ、よろしくお願いいたします。

          みなさまお元気で、良い年をお迎えくださいますよう。
          | co-verita | お知らせ | 13:54 | - | - | - | - |
          暑中お見舞い申し上げます(夏季休業のお知らせ)
          0
            暑中お見舞い申し上げます

            今日から8月。
            毎度のことながら、月日の経つのが早く感じられて戸惑います。
            つい先日、今年もすでに半分終わってしまったかと嘆息していたばかりなのに。

            当社スタッフは、早い者が今日から夏休みに入っています。
            来週になると続々と夏休みに入り、オフィスの人口密度も下がり、残された者は先を越された口惜しさと寂しさを感じることでしょう(かくいう私も)。

            さて、当社は以下の期間(一応)、夏季休業いたします。

             8月13日(水)〜15日(金)

            16日、17日の土日を含めると5連休となりますが、おかげさまで、例年ならば相当程度仕事が少なくなるこの時期、お仕事の依頼が途切れず、この間もだれかしら出社している予定です(たいへん、ありがたいことです)。
             *もし、急ぎのご用命などありましたら、上記期間中も受け付けておりますので、遠慮なくお申し越しください。

            少し過ごしやすい日が続いたかと思いきや、あっという間に猛烈な暑さがぶり返して、ちょっと歩くだけで汗だくになります。
            まだまだ暑い日が続きますが、みなさまもお体に気を付けて、夏を満喫してください。
            | co-verita | お知らせ | 14:55 | - | - | - | - |
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << April 2019 >>
            + SELECTED ENTRIES
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE