語り継ぐVERITA―校正者の独り言―

<< 最近見た映画から | main | 最近見た映画2 >>
校正補助ツールを使ってみた
0

    校正補助ツールを使ってみた

     

     以前AIのことは全く知らないが、コストの問題等を解決しないとAIは既存の校正補助ツールには勝てないのでは、と書きました。でも、ある程度の信頼性はあるだろうと推測はしていましたが、投稿した当時は実際に自分で校正補助ツールを使った経験はありませんでした。

     そんなある日、ジャストシステムの校正補助ツール「Just Right! 6 Pro」(以下「Just Right!」)がお試し期間中は無料で使えると知りました。

        http://www.justsystems.com/jp/products/justright/

      ホームページによると、「Just Right!」が誤字脱字や表記ゆれを瞬時にチェックすることで、校正者は文意や事実確認に専念し、作業時間を大幅に短縮できるのだそうです。さらに重ね言葉や機種依存文字などもチェックするなど、かなり機能は充実している様子。

     校正補助ツールの行う校正とはどのようなものか? そして、自分の書いた文章はどのように校正されるのか? お試し版をダウンロードし、前回ブログに投稿した「もっとテレビに世界史を」を「Just Right!」に見てもらいました。

     説明書に従い校正実行ボタンを押すと、瞬時に校正は終了し、校正結果:5件、表記ゆれ:1グループという結果が表示されました。校正結果5件の内訳は、誤りチェックに3件(うち、辞書に登録されていない単語2件)、機種依存文字が2件でした。

     まず、誤りチェックでは「日本すごい」が、「誤字脱字・助詞抜けの可能性があります」との指摘。文法的にはもちろん「日本はすごい」と助詞をつけて書くのが正しいですが、ネット上で使われている俗語を用いたものなので、助詞が抜けていることは承知しています。そして、辞書に登録されていない単語と指摘されたのは「にっぽん!歴史鑑定」の「にっぽん」と「てーるはっぴー」。前者は番組名で変えようがないですし、後者は筆名で変更しようと思えばできますが、変更しなかったら間違いというものでもありません。

     そして機種依存文字は「謎」が2件、「JIS X0213:2004などで例示字形が変更された漢字」としてヒットしましたが、これも間違いというほどのものではなさそうです。ただ、表記ゆれに関しては、「と言う」1件と「という」3件が混在しているとの指摘がありましたが、間違いではないにしてもそろえるべきだったと思います。唯一漢字を使った部分は「出版不況と言われる」と伝聞形式で、記者ハンドブックの記述に従うと平仮名にする場面でした。

     いろいろ思うところはありますが、とりあえず明らかな誤字脱字はなかったようでホッとしています。でも説明書では基本操作は簡単そうだったのに、実際に操作してみると当初はWordファイルをうまくダウンロードできず、四苦八苦しました。だいぶ後になって自分が最初に読んでいたのはWordファイルではなく、テキストファイルの部分の説明であることが判明。校正補助ツールの性能を云々する前に、こちらがツールをしっかり使いこなせる頭を持つことが第一のようです。          (てーるはっぴー)

    | co-verita | 校正・校閲豆知識 | 11:42 | - | - | - | - |
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE