語り継ぐVERITA―校正者の独り言―

<< 2018年のヴェリタは―― | main |  ウィキペディアの「エンゲル係数」書き換え騒動についての私見 >>
外は大変ですが
0

    外は大変ですが

     

     このブログでしょっちゅう体制批判めいたことを書いてきたので、てーるはっぴーは今の世の中に不満しかもっていないのかと思われるかもしれません。確かに今の社会のあり方にいろいろ疑問を感じてはいますが、個人的には割と充実した生活を送っています。特に情報へのアクセス環境は人生最良ではないかと思っています。

     現在私は、自宅で「ジャパンナレッジ」という有料の検索サイトをよく利用しています。日本を代表する百科事典「日本大百科全書」「世界大百科事典」をはじめ、各種参考図書や外国語辞典を多数収録し、横断検索が可能というすぐれものです。今まで図書館などで限られた時間でしか読めなかった辞典類が、家でじっくり読むことができるようになるとは、つい数年前まで考えられなかったことです。これでブリタニカ・オンライン(「ブリタニカ国際大百科事典」と「Encyclopaedia Britannica」などを収録)が個人宅でも使えるようになればいうことありません。

     さらに、自宅や職場の近くには図書館もあります。外では忖度がまかり通っていても、図書館は資料収集・提供の自由を守るという理念の下、思想やイデオロギーの区別なく資料を集めています。館内のごく一部の本しか読んでいないので断言はできませんが、外の世界よりははるかに自由闊達です。

     また、図書館といえば最近、司書の非正規率が約20年で急増しているというツイートが話題になったり、

     https://twitter.com/tmaita77/status/949926073394913280/

    佐賀県武雄市の図書館のずさんな選書等、運営のあり方などがかなり批判されていました。

     図書館をめぐる状況が話題になっていること自体驚きですが、図書館の社会的な役割を評価し、現状を憂える声が多かったのはもっと意外でした。めでたい話ですが、最近の社会情勢を見るとごく一部の流れなのでしょう。詳しくは後日書こうと思いますが、図書館の蔵書数が増えても人の知性に磨きがかかるというわけではないようです。

     そして現在、私は情報を受け取るだけでなく、「語り継ぐVERITA」で情報を発信しています。私が様々な情報から考えるきっかけを得ているように、私の文章は誰かの考えるための一助となっているのでしょうか。

    (てーるはっぴー)

    | co-verita | 本・映画・演劇・音楽 | 11:53 | - | - | - | - |
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE