語り継ぐVERITA―校正者の独り言―

<< 「黄色い電車」の呼称についての考察 | main | 映画「ボヘミアン・ラプソディ」のややマニアックな感想 >>
「皆さんは納得されているんですか?」執筆時に感じたこと
0

    「皆さんは納得されているんですか?」執筆時に感じたこと

     

     「皆さんは納得されているんですか?」執筆の際、裏取りのため1月16日からの菅官房長官の記者会見を全部チェックしていることは前回も書きましたが、見ていて気分は悪いです。週末に1時間ほどまとめて見たときは時間を返してくれ、と言いたくなる気分でした。

     政治信念が違うから?それもあるでしょう。でも官房副長官の西村康稔や野上浩太郎の会見には不快感がありません。発言内容は菅と大して違いはないと思いますが、記者の質問に丁寧に答えようという姿勢は見られました。

     主観的な問題だろ、って?でも、東京新聞の望月衣塑子記者とのやり取りはどうでしょう。いろいろ話には聞いていましたが、実際に見るとひどかったです。望月が質問し始めるとすぐに、何やら注意しているような声がかぶさってきて、質問が終わると菅が一言だけ返す。

    https://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201901/18_a.html

    (望月と菅のやり取りは6:58ごろから)

     

    少なくとも西村は望月に対して答えようとしている態度は示していると思うのですが、いかがでしょう(ただし声がかぶさってくるのは同じ)。

    https://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201901/31_a.html

    (望月と西村のやり取りは3:42ごろから)

     

     もっとも、菅にも言い分はあります。望月が誤った内容の質問をすることで、誤った事実認識が広がるのは問題だ、と。

     それでも、菅のやっていることは正当化できません。質問の内容が誤っているというのなら、理路整然と根拠を挙げて否定すればいいし、丁寧な返答が可能なのは前述の西村の会見でも明らかです(たとえ形だけだとしても)。もし対処できないのなら即刻辞任すべきでしょう。また、間違った内容が拡散するのは心配だとしながら、一言だけ返事を返すような失礼な態度が拡散することが視聴者の心証を悪くしないかを気にしないのは矛盾しています。

    それと、望月の質問に何秒かおきにかぶせてくる声。報道によると声の主は上村秀紀総理大臣官邸報道室長だそうですが、何がしたいのかさっぱり分からない。何やら注意している風ですが(「簡潔にお願いします」と言っている?)、覇気のない声で真面目に注意しているとは思えません。それ以前に人が質問している最中に割り込んでくるのは失礼だし、聞いてる側としてはひたすら不快です。「いいぞ、もっとやれ」と思っている人なんているんですかね。

     菅は上村に指示は出していないそうですが、

    https://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201902/8_a.html

    (7:26からの望月の質問に対して7:58に返答)

     

    だったらはっきり制止すべきでしょう。黙認しているのも同然なのに指示していないということに何の意味があるのか。人格を疑われるような行為をやった挙句にはしごを外されて、実は一番ひどい扱いを受けているのは上村かもしれません。全く同情できませんが。

     それよりも、記者会見に事前通告?稀勢の里の引退についてどう思うか?

    https://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201901/16_a.html

    (0:14から1:30)

     

    根本的におかしくないですか?                   (てーるはっぴー/文中敬称略)

    | co-verita | 社会の動き | 11:10 | - | - | - | - |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE