語り継ぐVERITA―校正者の独り言―

<< 呪術師の記憶 | main | 私が読んだのもたまたまです >>
「なぜ校正は紙で行うのか?」私の意見
0

    なぜ校正は紙で行うのか?

     

    「校正はなぜわざわざ紙にプリントしたもので行うんですか? パソコン上でやればいいのに」。先日、このような質問を受けました。そのときは、即座にうまい説明ができずに終わりました。質問主は、こう続けました。「PDFなどのパソコン上の文章でも、今は附箋をつけたり、メモを書き込んだりすることができる。どこに紙で行わなければならない必要性があるんですか? パソコン上だけで行う校正もあったと思いますが」

    たしかに「クラウドワークス」のような、パソコンを使ったアルバイト仕事の仲介サイトでは、ブログなどウェブ上の文章の校正の仕事が提供されており、それらはエクセルなどで送られてきたデータに直接、校正を書き込んで行うようです。

    基本的には、最終的な出版形態が紙である場合に紙で、ウェブである場合にパソコン上で、行うのでしょう。

    しかし、上の質問主の方は、「紙で出版する場合でも、文字データは一度パソコン上で作るから、パソコン上で校正すればいいのではないか」、と問いたそうでした。

    これについては、最終形態が紙の印刷物なら、それに可能な限り近い状態で作業するのがよいと考えられているために、紙にプリントしたもので校正を行うのでしょう。これは、パソコン内のパソコンソフト上のデータをプリントし製本する際にも、落丁など何か齟齬が生じる可能性を考える、機械への不信用があるためと考えられます。

    けれども、このように答えても、納得はされないかもしれません。パソコンやパソコンソフトやプリンターという機械が精密に作られていれば、齟齬は起こりえないと。

    それはその通りだと思います。

     

    わたしは、他にも、各校正者用にパソコンを一台ずつ揃える費用が掛かるからではないか、とも口にしました。加えて言えば、パソコン上のデータは、誤って消去してしまうことがある、故意に改竄されうる、という理由。校正者と編集者のパソコンが異なる場合、データの受け渡しや、パソコン内でのデータの整理が面倒になる、紙の方が受け渡しや整理がしやすい、という理由も挙げられると思います。

    紙で行うより決定的理由は、校正は、原稿とゲラの2つを扱う作業であることにあると思われます。2つを比べる「引き合わせ」を行うときに、パソコン内だとやりにくい、というのが大きな理由ではないでしょうか。アオリ、折り合わせ、という技法はパソコン内では使えません。

    引き合わせに関しては、このようでありますが、質問主の方は、素読みに関わる、つぎの疑問もおっしゃっていました。

    「紙で行うのとパソコン上で行うのとで、校正の精度は変わるのか。もし紙の方が正確性が高まるなら、紙で行うのは理解できるが」

    これはどうなのでしょう?

    引き合わせは、上述のように、パソコン上だと精度というよりも、やりにくさがまず存在します。しかし、素読みになると、どうでしょうか。

    誤字脱字への気付きの精度は、紙とパソコンとで変わるのか?これについて、素読みで行う場合には、わたしの感覚ではどちらも変わりないように思えます。紙であれば素読みの精度が高まるとは、とくに言えない気がします。

    ただ答えの一側面として、つぎのことも言えるでしょう。校正記号の使用により、校正指示が簡潔明瞭にできるのが校正であるから、校正記号を使える紙の上において、校正はしやすくなる、と説明できると思います。

     

    総じて、校正が紙で行われることが多いのは、

    ・出版では紙の印刷物を最終形態とする場合がいまだ多く、それに可能な限り近い形態で作業するため、

    ・データの受け渡しと整理は、パソコンより紙のほうがやりやすいため、

    ・引き合わせは紙で行う方がやりやすいため、

    ・紙の上だと校正記号が使えるため、

     

    というところでしょうか。これは紙の方がやりやすいということであり、パソコン上のみで行うのは不可能かというのは別問題と考えられます。

                                                                                                               (とし)

    【管理者より】

    ヴェリタのオフィスで、というよりは、派遣を中心とした校正の現場で仕事をしている仲間、(とし)さんからの投稿です。

    オフィスなどでは 紙を使った仕事よりも、1人1台ずつ持っているパソコンをフル活用した仕事が毎日の仕事の中心です。

    その意味では、(とし)さんの意見は、自分の現場に忠実に、自分の頭で現実に向きあい、考え抜いた結果であり、貴重な見解だと思います。

    とはいえ(とし)さんには、もう少しオフィスに来てもらい、その現状からもう一度考え直してみることを勧めなければいけない、と痛感しました。

    皆さんからの意見も求めます!

    | co-verita | 校正・校閲豆知識 | 18:56 | - | - | - | - |
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE