語り継ぐVERITA―校正者の独り言―

<< ゴジラKOM感想 | main |
 邪推であると思いたい、が
0

     邪推であると思いたい、が

     

     とりあえずホッとはしています。でもそれ以上に戸惑っています。日本維新の会所属の丸山穂高議員が国後島で「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」「戦争をしないとどうしようもなくないすか」などと発言したことへの世間の反応に対してです。

     当初この発言を目にしたときは、またやらかしたのか、という感じでした。以前から酒でトラブルを起こしたり、軽口を叩いて橋下徹に「ボケ!」なんて言われて離党届を出したかと思えばすぐ撤回したりして、ちょっとした話題になっていましたから。しかし、桜田義孝のように問題人物扱いされることはありませんでした。今回も大した騒ぎにはならず、せいぜい「言い過ぎだが気持ちはわかる」といったあたりで収束するだろうと思っていました。現に丸山は当初「発言を切り取られており、心外」などと述べており、メディアに責任を転嫁していました。簡単に乗り切れると高をくくっていたのでしょう。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44739660T10C19A5CC1000/

     

     しかし、世論は猛反発しました。丸山は発言を撤回し、日本維新の会からは除名されました。与野党ともに非難はしても、かばう声はほとんどありません。戦争によって領土紛争を解決しようというのは、公然と憲法第九条に違反するわけで非難されるのは当然です。

     でも、どうも腑に落ちないんですよね。丸山の発言が憲法違反だから皆さん怒っているんでしょうか。別の要因のほうが大きいんじゃないでしょうか。

     まず、丸山の態度の悪さ。酔っぱらって元島民に絡むというのはどう見ても擁護できる余地はありません。もし、シラフで冷静に「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか」と質問したらどうだったでしょう。外面さえ冷静だったらどんな発言でも許されるのは、官房長官の記者会見を見て痛感しています。

     そして、丸山が無名だったこと。麻生太郎が「セクハラ罪という罪はない」などと暴言を吐いても、「言えないような本音を言ってくれる人」として公認されているので大して批判されませんが、丸山はせいぜいネット上で多少名を知られている程度の存在です。何の遠慮もなく批判できます。

     さらに、暴言の対象がロシアだ、ということ。北方領土返還交渉が進展している(?)中で、ロシアを刺激するのはまずいという雰囲気があったからじゃないでしょうか。もし中国や韓国相手に戦争しよう、と丸山が言ったらどうだったでしょう。

     こういった要因が重なり最終的に「皆が思っているから丸山が悪い」という境地に達した、というのが真相のような気がします。この推測が邪推で、戦争をしてはいけないというコンセンサスが明確にあるなら素晴らしいことです。でももしそうならどうして自民党の進める憲法改正に対して批判とまではいわなくても、懐疑的な意見が大きくならないのでしょうか。なぜ菅や麻生の発言は丸山ほど問題視されないのでしょうか。

    (てーるはっぴー)

    | co-verita | 社会の動き | 00:06 | - | - | - | - |
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE