語り継ぐVERITA―校正者の独り言―

<< ヨイショ感想文募集への道(前編) | main | 失われた23年 >>
ヨイショ感想文募集への道(後編)
0

    ヨイショ感想文募集への道(後編)

     

     『殉愛』を巡る騒動で百田尚樹を巡るタブーが満天下に知れ渡ってから4年。この間も百田の放言と出版業界の傍観は相変わらずで、正直自分も食傷気味になっていたところに爆弾は投下されました。『日本国紀』という名の爆弾が。

     既に買ったり、書店や広告で見たりした方も多いと思いますが、『日本国紀』とは昨年発売された百田の著書。帯には「日本通史の決定版!」と銘打たれ、百田本人も「書かれていることはすべて事実」と豪語するほどの自信作です。

    https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1058930674701193216

     

     しかし『殉愛』同様、発売当初から記述についての疑問が続出。例えばこんな感じで。

    https://twitter.com/shinhori1/status/1062146492935286785

     

     それに対する百田の返答がこれ。

    https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1062269003773759488

     

     端的に言って反論になっていないと思うのは私だけ?まあ、百田がどう反論しようと『日本国紀』は増刷後修正がかけられました。「書かれていることはすべて事実」ではなかった、ということです。

     そして『日本国紀』にはもっと大きな問題点が指摘されています。盗用です。参考文献の記載がないのに、他人の著書、はてはウィキペディアの記事までほぼ丸写ししている、というのです。

     言うまでもなく盗用は物書きにとって致命的な行為ですが、百田は危機感ゼロ。あっさりとウィキペディアから「引用」したことを認めました。

    https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1065064111283699712

     

     「引用」と書いていますが、きちんとウィキペディアによることを明記していなければ引用とは言えません。ウィキペディアを使ったのを知られたくなくて明記しなかったのかもしれませんが、書かなければばれないとでも思ったのでしょうか。

     それとも、自分は出版界のタブーだから何やっても大丈夫だという意識があるのでしょうか。百田と接点のある出版社はほぼ黙っているし、『日本国紀』の版元の幻冬舎に至っては百田を批判した作家の津原泰水の小説の文庫化を直前になって中止しただけでなく、津原作品の実売部数を暴露しました。実売部数の公表はタブー破りだと物議を醸しましたが、問題の本質はそこじゃありません。儲からない奴は黙っていろという意思表示をしたということが一番の問題なのです。

    https://twitter.com/j_geiste/status/1129597841880506368

     ウィキペディアをパクる作家、アマチュアに指摘されて間違いを直す編集者、盗用であるか否かという問いにまともに答えられない出版業界。『日本国紀』を巡る一件は、控えめに言っても最低です(その後、ヨイショ感想文募集の話が出て最低記録は更新されましたが)。よくテレビ業界のやらせが話題になりますが、きちんと話題になって世間から批判されるだけ百田たちよりマシです。

     以上、2回にわたってヨイショ感想文募集という醜態を生んだ土壌がどのように作られていったか、その流れを見てきました。「以前からあった問題」とは何か、分かっていただけたかと思います。出版業界の皆さん、プロフェッショナルの矜持というものを見せてくださいよ。今からでも遅くはないはずです、多分(遅かったとしてもやってください)。

    (てーるはっぴー)

    | co-verita | 社会の動き | 20:04 | - | - | - | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE