語り継ぐVERITA―校正者の独り言―

<< 洞窟で演劇を観る | main | とりあえずホッとしています >>
 静けさの前の嵐?
0

     静けさの前の嵐?

     

     2020年が始まりました。皆さんは年末年始どのようにお過ごしでしたか。私は帰省先でボーっと「チコちゃんに叱られる!」などを見ていました。某5歳児に叱られそうですが、ここ何年かでは一番のんびり過ごせたような気がします(なお、NHKの番組では某財布の妖精が出てくる方が好きです)。

     でも、世の中の方は日産自動車の前会長が国外へ逃亡したり、カジノ絡みで国会議員が逮捕されたり、アメリカとイランが一触即発になったりと、年末年始など関係なく慌ただしく動いていました。マスコミ各社の報道もお屠蘇気分のない、いつになく気合いが入っていたように思いましたが、気のせいでしょうか。

     ま、カルロス・ゴーンがレバノンへ逃亡したと知ったら年末だろうが取り上げないわけにはいかないし、楽器ケースに入って出国なんて聞いたらみんな興味津々でしょう。マスコミはやるべき役目を果たして、ニーズに応えた。それだけのことかもしれません。

     でも、××の一つ覚えみたいに今年はどうなる、なんて役にも立たない予想をやるよりはよっぽどいいです。いや、予想をすること自体は悪くない。問題なのは正月だからという漠然とした理由で、だれにも振り返られないのが分かり切った予想をすることです。

     報じられた内容は玉石混交ではありますが、世の中の動きに年末年始も忘年会もないということを実感し、そして報道の意義を再確認することができました…。が、ふと妄想が。今報道が頑張っているのは今年東京オリンピックを控えているからじゃないのか。夏になったら報道はオリンピック一色になるから、せめてその罪滅ぼしとして今頑張っておこうと…。根拠は全くありません。でもオリンピックが近づいたとき、マスコミがどうするかについては皆さんも私と同意見だと思います。

    (てーるはっぴー)

    | co-verita | 社会の動き | 19:32 | - | - | - | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE