語り継ぐVERITA―校正者の独り言―

<< In C | main | 好きな昆虫ベスト5 >>
色への思い入れ その4:青みがかった銀
0

    色への思い入れ その4:青みがかった銀

     

     ぴったりした色名を知らないが、青みがかった銀というか、メタリックで彩度の低い青というか、そんな色にまつわる話をいくつか。

     

     小学生時代はプラモデルを作った。高学年になるとそれなりに技術や持続力(製作に日数がかかるので)が必要なミリタリー物に手を出した。ミリタリー好きというより箱庭的な楽しさから、よくジオラマを作った。商品ラインナップが充実していたのは、タミヤ1/72スケールのドイツ陸軍だ。

     実在する軍隊の兵器や軍服には規定の色があり、模型メーカーも専用の塗料をそろえている。例えばドイツの軍服はフィールドグレーだ。そして、よく使う色はその色自体が売られているが、少量しか使わない色は「これとこの色を混ぜよ」と組立説明書に書かれていた。ドイツ軍のヘルメットはフィールドグレーに少量のブルーとシルバーを混ぜた。

     こうして水彩絵具より高度な混色、特に銀を混ぜて金属光沢のある色を作る技を知った(さらに言えば、色には大きく分けて普通の色・透明な色・金属光沢のある色があると認識した。金属光沢のある黄色が金だ。透明な色についてはプラモデル以前に、ダイヤブロックやレゴでなじみがあった)。

     一方、特撮が好きだった筆者は、ブルマァクのソフビを集めていた。フルサイズのものは高かったが、後発の安価なミニ怪獣シリーズは結構な数を持っていた。ただし、形はそれなりによくできていたが、色が「実物」とは違うことがほとんどだった(コスト面からであろう)。

     そこで自分で塗装し直すことを始めた。最初に塗ったのがマグマ大使に登場した水爆怪獣グラニアである。劇中ではグレーっぽいような銀っぽいような色をしていたが、プラモの技を応用し、銀に少量の青と緑を混ぜて塗ってみたところなかなかの見栄えになった。「最初に」と書いたが他の怪獣のはっきりした記憶はなく、塗ったのはグラニアだけだったかもしれない。

     

     誕生日かクリスマスに買ってもらったタカラ少年サイボーグは、内部のメカがメタリックブルーを選んだ。カタログの表記は「ブルー」だったと記憶しているが、Wikipediaを見るとまさに「バリエーションは内部メカが銀・金・青みがかった銀の3種」と書かれている。

     

     中学に入ると新しい自転車を買ってもらうことになり、初めてスポーツ車を選んだ。メーカーは確かミヤタで、カタログを見ると青みがかった銀色のモデルがあった。当時の主流は黒だったが、そのモデルに決めた。実車はカタログ以上にいい色で、よく乗り歩いた。

     

     1996年、所属していた吹奏楽団でSFをテーマにコンセプチュアルステージを企画した。筆者はもう1人のメンバーと印刷物制作を担当。絵柄は名作SF映画に登場するキャラクターや宇宙船などのコラージュに決まった。アマチュア楽団ゆえ毎回1色刷りで、特色をDICの色見本から選ぶのだが、今回はSFぽさを出すためにメタリックな色のインキを調合してもらうことにした。筆者が仕事がら印刷所をよく知っていたこともあった。最も印刷部数が多く人目につくチラシを銀+青、チケットを銀+赤、パンフを銀+黒とした。印刷当日には現場に出向き、その場で色味を試しながらイメージ通りの色を作ってもらった。

     

     特撮では仮面ライダーXのマスクや、ハンミョウ獣人がこの色だ。ジャイアントロボ、ロボット刑事K、ガイガンなども近い。楽器ではアイバニーズギターのジョー・サトリアーニモデルにこの色がある。自動車ではマツダ3代目デミオのボディカラーであるクリアウォーターブルーメタリックやアイシーブルーメタリック。鉄道車両ではこの3月に登場したJR東日本E261系(サフィール踊り子)の車体色がやや近いかな。(command Z)

    | co-verita | 雑ネタ | 12:43 | - | - | - | - |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE