語り継ぐVERITA―校正者の独り言―

<< 共謀罪について思うこと(その5) | main | 共謀罪について思うこと(その6) >>
敬語考
0

    敬語考

     

    社会生活を営んでいる人間なら、だれでも頻繁に出くわすのが敬語の問題。学校を出たての人などは、「社会人」の先輩から「お前の敬語はおかしい」と注意されたり指導されたりすることが多いようです。よく聞くのは、目上の相手に「おつかれさまです」と言ってはいけない、という話。立場が上の人間をねぎらうのは無礼である、という理屈だと知人から聞いたことがあるのですが、彼の会社ではみんな「ごくろうさまです」と言いあっているそう。ねぎらってるし。また、のみかたが以前バイトしていた職場では、午前中は「おつかれさまです」は言ってはいけない、なぜならまだ疲れていないはずだからだ、というルールがありました。「今日も元気ですね」とでも言えばよかったのでしょうか。こういうルールがうるさい組織ほど閉鎖的と言っていいと思います。

    校正をしていても、適切な敬語かそうでないか、という問題はよく考えさせられます。「おケーキとお紅茶をご一緒にいただかせていただいております」みたいなのは、やはり気持ち悪いし、直したくなります。こういうのは慇懃無礼というか、逆に敬語の効果をぶちこわしているところがあるように思います。100回くらい「させていただく」が出てくる文章を読んでいると、「この人、本当は読者のことバカにしてるんじゃないか」と思ってしまう。あれは「させていただくを使っておくのが無難」という考えによる使用であり、その「本当は敬意を示すつもりがない」ことが前面に出てしまっているのです。要は口癖みたいなものであって、そういう意味ではタメ口で話しかけられているのと、本質的には変わらないと思います。こういうときは、不適切であると考えられるので、ゲラに指摘を書き込みます。

    ただ、個人的にのみかたは、敬語というのは発信者が表現したいと思っている思いに、適切に沿っていれば問題ないと考えています。「いただく」と言う場合は、相手から何かしら「恩恵」を受ける、と言っているわけです。だから「自分のこれからとる行動は、あなたの許可によるものである」「あなたのおかげで、こういうことができているのです」とか、そういうことを言いたいときには「させていただく」のは適切な言葉ではないでしょうか。たとえば販売員が商品の説明をしている途中、客が質問を挟んできたとします。それに答えた後、説明を再開しようという時、「説明に戻らせていただきます」と言って、少し間を置いて客の反応を見る。これは適切な使い方だと考えます。客が質問に対する答えに満足していなければ、さらに質問を重ねてください、と伝えているわけなのですから。

    校正していて、こういった意図が読み取れる場合は、「させていただく」も直さないでいます。ただ、「無難だろう」という理由で使われている場合がほとんどなのも事実なのですが……。   (のみかた)

    | co-verita | 校正こぼれ話 | 23:04 | - | - | - | - |
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE